土曜日に、隣の県で開かれているグループに、車で3時間掛けて出席しました。
メンバーが私を入れても3人で、ファシリーテータさんも少し当惑気味でした。

私は、1時間半のセッションの間に3回しゃべったかな…。
聴き方としては、「愛を持って聴く。あるいは話し手の本質は愛・光である」として聴くことに
なっています。
話し手としては、温かく聴いてもらえてように感じましたが、聴き手としては・・・。
難しい・・・。
「 この方の本質は愛で尊い存在、一生懸命生きていらっしゃるんだ」と自分に言い聞かせながらの
訓練の時間でした。
そんなことを自分に言い聞かせなくても、自然体でそのような心の姿勢で聴くことができるように
なれば、もっとゆったりと聴けると思うのですが。
でも、貴重な、1時間半でした。

ありがとうございました。