先日、電話相談室でバイザー研修会がありました。特に、多数回利用者への対応に焦点を当てた研修でした。

 始めに、バイザーが二人で組んで、対応が難しいクライエントについて、ロールプレイをすることで、振り返ってみようというものでした。

 私は、すぐに「怒る人」「もう自分の人生はお終いと言う人」が頭に浮かんだのですが、ロールプレイをする気になれませんでした。そのクライエント像を自分の中に作ろうとすると、抵抗がありました。イヤだ、という気持ちが先に湧いてきて、それこそ、考えるのもイヤ、みたいな状態でした。

 その人たちの電話を取ったときに、理解しようとは務めるのですが、受容・理解までできていなかった自分に、気が付きました。アティテューディナル・ヒーリングにおいては、愛を差し伸べていない人は助けを求めている人、と捉えるよう勧められています。本人が気づいていなくても、助けを求めている人なのだ、そう考えることができたら、もう少し、近づけるような気がしました。

 ありがとうございました。