第一の問題は、自分の心を理解できなかったこと

ACという自覚を得てから、20数年。愛着及びメンタライジングを詳しく学び始めて1年弱。

夕日

それらの知識を基に、私の幼児期からの人生を振返ったときに、一番の問題は、『幼児期に親に助けてもらいたい気持ち』を、否認してしまったことかな、と思います。否認したために、その欲求はずっと潜在意識のレベルで保存されて、いつも顕在意識に割り込もうとしていた、助けてもらえないことに対する怒りと共に。

成長してもう、少なくとも親の助けは必ずしも必要では無くなっているのに、助けてもらいたい気持ちだけは幼児期のまま、保存されていたようです。

これらのことが腑に落ちてから、いつもの私の心の中にあった、『どうにかしなくちゃ!』という思いが、やっと徐々に消えて来ているように思います。

自分で自分の心を思い、それを言葉にして理解すること、このことが生き易くしてくれるように思います。その反対が、否認すること。寂しくない、悲しくない、助けてもらいたくはない・・・と、随分と自分の気持ちを抑えつけて来た私でした。

ようやく、ここまで来れて、よかったな。嬉しくてホッとするけど、永い年月をかけてしまったこが、悲しく悔しい。でも、これも過ぎゆく・・・。

読んでいただいて、ありがとうございました。

お気軽にコメントを

前の記事

私は父の敵だった